You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.

消滅型有機残渣処理システム KID

Made in Japan

有機物を消滅させるより廃棄コストの心配は必要ありません

産業廃棄物を排出している企業のイメージアップに繋がります

市町村でお困りの生物排出物の処理にも効果的です

KIDの処理経過動画

築地市場内にてトウモロコシを丸ごと消滅処理

処理中

処理後

KIDの仕組み

1.分解できるものは炭酸ガスと水蒸気などに分解されて排出されます
2.処理能力が優れているため、下水への放流は必要ありません
3.ステンレスの多用により丈夫で安全性に優れ、取扱も簡単です
4.騒音や振動や悪臭を抑えたシステムです

製品概要「KID-1000の場合」

1日の処理能力 1000kg
決められた生ゴミや有機残渣を消滅させます
撹拌機寸法 幅240cm 長さ605cm 高さ250cm
サイズ変更可能
撹拌機総重量 8.8トン以上15トン以下
菌床+投入ゴミ含む
臭気対策 フィルター式脱臭装置
電源 三相200V(50Hz・60Hz)
使用電力 18.5kw/h
設置場所 屋内使用

二酸化炭素排出量の比較

生ゴミ(汚泥を含む)1トン処理時に排出される二酸化炭素量

焼却システムの場合

焼却燃料からの排出量
1979.0kg
全国通運連盟資料より
運搬時排出量
15.9kg
省エネルギーセンター資料
生ゴミ自身からの排出量
56.4kg
早稲田大学大学院資料より
合計排出量 2051.3kg

KIDの場合

焼却燃料からの排出量
0kg
全国通運連盟資料より
消費電力からの排出量
143.0kg
東京電力資料より
微生物分解時の排出量
18.0kg
早稲田大学大学院資料より
合計排出量 161.0kg


上記のように、生ゴミ1トン処理時の二酸化炭素排出量を比較した場合、KIDで処理したほうが二酸化炭素の排出量は圧倒的に少なく、二酸化炭素排出量削減に適しており、地球温暖化防止に大きく貢献することが明白です。
KIDの場合、焼却しないので直接ダイオキシンを発生させることはありません。
ダイオキシンゼロを実現しています。

導入までの流れ

受注状況により導入までの期間が異なります。詳しくはお尋ね下さい

50kgデモ機貸出あります(本体重量約970kg)。
一ヶ月有料にて可能です。お気軽にお問い合わせ下さい

連絡先:03-5833-2791
担当:成田